jQuery mobile beta1リリース

 

スマートフォン開発で注目されている「jQuery mobile」

 

ソーシャルゲームでは開発プロセスに取り入れられていたり、注目度が高いのですが。

jQuery mobileの開発バージョンは、今週6/20 Mon にbeta1リリースが発表されたばかりで、

ようやく仕様Fixという状況です。

 

自分もあるサイト開発でAlpha4からBeta1へ移行を実施したので、
注意点等、備忘録として下記します。

 

  • jQuery mobile 1.0.a4.1から 1.0.b1へのアップデート注意点
  1. デフォルトでスマートフォン表示に最適化されない
  2. 以下のmetaタグを加えると解決(alpha版まではjsで生成されていたらしい)

    <meta name=”viewport” content=”width=device-width, initial-scale=1″>

  3. ajax遷移のフラグがalpha版の仕様から変更
  4. alpha 1.0.a4.1 では、以下2つの変数を無効にすればよかったのですが

    $.mobile.ajaxLinksEnabled=false;
    $.mobile.ajaxFormsEnabled=false;

    beta 1  からはajaxEnabledという変数をfalseにする必要があります。
    $.mobile.ajaxEnabled=false;

    下記のように、mobileinit関数にバインドする事で、ajax遷移(画面遷移時のスライド等)が無効化されます。

    $(document).bind("mobileinit",function(){
    $.mobile.ajaxEnabled=false;
    });

  5. backボタン
  6. alphaではデフォルトで「back」ボタンが有効でしたが、betaからデフォルトが無効になりました。addBackBtn変数を”true”にする事で、デフォルトでbackボタンが表示されるようになります。
    $(document).bind(“mobileinit”,function(){
    addBackBtn=true;
    });

  7. cssの変更
  8. cssの構造も若干変更されているので、cssグラデーション等でカスタマイズしているサイトも影響があるようです。

  9. clickイベント
    jQuery mobileのフレームワーク内でjsのclickイベントをバインドするようになったので、サイト側でclickイベントのバインドを利用している場合、alpha版と動作が異なる場合があるらしいです。
  10. その他、機能改善
  11. ・ブラウザのアドレスバーが自動的に隠れるようになった
    ・画面遷移のajaxアニメーションがかなり改善された

  12. XSS脆弱性のセキュリティアップデート
  13. githubで指摘されていたXSS脆弱性がFixされたそうです
    https://github.com/jquery/jquery-mobile/pull/1789
    この指摘は笑えないので、alpha版を利用しているサイトは早急にBetaへアップデートした方がいいですね・・・

    ※まとめ

    ・XSS脆弱性対策としてalphaからBetaへのアップデートは必須
    ・ajax関連はかなり改善されたが、画面遷移のajaxを使うのはリスク大
    ・今後のアップデートでajaxやレンダリングの安定が見込めるので、Betaリリースを機会に手を出してみるといいかもしれない

     

    ※出典:

    解決策など、こちらのブログが参考になりました

    「jquery mobile beta1でハマった点まとめ」

    http://yslibrary.wordpress.com/2011/06/21/jquery-mobile-beta-1-tips/

     

wordpressのエディタが重い

Pretty Awesome 3D Metal WordPress Logo
Creative Commons License photo credit: bobbigmac
Wordpressを1週間利用してみましたが、
機能的には非常に満足ながら、標準のエディタは使い勝手が最悪です

1.エディタが重い
2.ワードラップが崩れる
3.インデントが壊れる
4.htmlタグが制限される

対策として、
「TinyMCE Advanced」
というプラグインをインストールすることで

1(重い→普通)
3(インデント不可→可能)
4(タグ制限→緩和)

かなり改善されました

ただ、根本的にワードラップが英文仕様なので、
改行の融通悪さは避けられないようです

まだまだカスタマイズできるみたいなので、
引き続きWordpressの機能を試しながら運用してみます。

mixiのデータ

mixiの新オフィスにお邪魔しました
Creative Commons License photo credit: norio.nakayama

mixiの日記を抜き出して、このブログに移行しようと思ったのだけど、

日記のデータを抜き出すツール(mixi_backupとか)が、

今のmixiでは使えなくなっていた。。。

 

mixiも初期のサービスから随分と変わってしまって、

「日記」が埋もれてしまったり、データも自由に使えないし、「足あと」廃止とか、

何となく寂しい

 

wordpress メニューの整理とか

wordpressのインストール後、

デフォルトの状態では、
「リンク」だとか「メタ」だとか、
不要なメニューが表示されてしまう。

・リンク
wordpressへログインして、
「ダッシュボード」から「リンク」の項目を削除すればOK

・メタ (Meta)
これはダッシュボードでは削除できず、
Googleの検索では、phpのソースコードを編集して云々と多数表示されるのだけど。
資料やコードを読んでみると自分の状況には合致しない。

解決方法は、wordpress公式の掲示板にあった。

http://wordpress.org/support/topic/how-to-remove-meta-items-in-my-blog

「右メニューにWidgetを追加すれば消えた」らしい。
そのようにしたら、Metaのリンクが消えた。(wordpressの仕様?)

とりあえず、メニュー表示について問題が解決した。

hello wordpress

Pretty Awesome 3D Metal WordPress Logo
Creative Commons License photo credit: bobbigmac
ブログをはじめました。

SNSやブログサービスを利用してもいいのですが、
ブログ構築のノウハウも勉強しておきたいので、
AWSを利用していWordPresを構築。

以下、手順の備忘録です。

1.AWSからEC2インスタンス起動
Management ConsoleからEC2インスタンスを起動、
CentOS互換の「Amazon Linux AMI」を選択
http://aws.amazon.com/jp/

2.wordpressインストール
wordpressをインストールするには、「Apache」、「MySQL」、「php」のインストールが必要。
「CentOSで自宅サーバー構築」が参考になります。
http://centossrv.com/wordpress.shtml

3.ブラウザからwordpressを有効化
前述の手順通りにインストールした場合、
http://ドメイン名/wordpress/
Webからのセットアップでwordpressが有効になる
基本設定はこれで完了。

サーバー設定には多少の準備が必要なのですが、
wordpressのインストールはとても簡単です。
自分の場合は、構築よりもインストール後の設定に苦労しました。

※インストール後に設定した項目
「テーマの選択」、「プラグイン」、「スパム対策」、「ディレクトリの配置」
mod_securityと相性が悪いので、
セキュリティ対策にも気を付ける必要がありそうです