YoutubeのRSSフィードが6月12日あたりから信頼できない証明書エラーに

表題の通り、YoutubeのRSSフィードが6月12日あたりから信頼できない証明書と判別されるようになっていた。

アプリケーションの証明書チェックを無視するように組みなおせばいいのだけど、
突然切り替わったので暫く把握できず。個人的に収集していたデータフィードが暫く停止していた。

■対策
信頼できない証明書を無視するオプション例
・curlだと -k
・wgetだと –no-check-certificate

自前のアプリだと、SSL判定のコールバックを強制的に無視するようなロジックを追加すればいい

■ブラウザでの証明書判定状況
・Chrome系のブラウザで参照
 ⇒ 信頼できる証明書と判別される
・FireFox
 ⇒ 検証され信頼できる運営者情報はありません
・IEで参照
 ⇒ 信頼できる証明書と判別される

Googleのコンテンツは素晴らしいものが多いのだけど、突然の仕様変更とかサービス変更が多いように思える。
小さなサービスには利用しづらい。

hidenori

コンテンツのフロント・バックエンドになる技術、自動化・ロボット化・RPA、機械学習、Web、モバイル関連、ローカライズ、コンシューマゲーム、モバイルコンテンツ開発。事業開発の設計から業務効率化まで対応しています。 開発系 .net / mono / .net core, c++, c, Ruby, Phython, RPA自動化構築、VTuber構築、WebRTCバックエンド構築 いろいろやってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です