スマートフォンの945円 運用

音声通話もスマホのアプリも殆ど使わないので、ガラケーを使っている。

しかし、仕事でスマホのサービスやアプリ開発に関わっているので、
iPhoneとかAndroidとか複数の3G回線を利用できる環境が必要になる。
キャリア回線を契約すると、最低でも1回線5000円程度掛かるため、
月額料金を節約して、複数回線(iPhone, Android, ガラケー)を利用できるように調査した。

色々と調査したのでブログに纏めておく。

http://goo.gl/ieEHf
※MVNOの一覧はここにまとめがある。

先ず結論として、自分の用途としてはIIJmioが提供する月額945円のSIMが最強だった。

※IIJmioの特徴
・月額945円
・ドコモ回線のMVNO
・128KBps固定
・通信制限なし
・プロトコル制限なし

■IIJmioの長所
・月額945円
・提供エリアが広い(ドコモ回線と同じエリア)
・プロバイダとして回線が安定している
・Skypeや050Plusも音声通話であれば常時利用できる
(ドコモSIMでは、通信制限の条件下になるとSkypeが使えない)
・常に128kbpsの速度が出る
※他サービスの通信制限128kbpsでは、実測で30~60kbpsしか出なかった
さらに他のサービスでは、3日300MB程度で通信制限になる
・3G対応Unlockedの端末であればiPhoneの運用も可能
・利用期間の縛りがない
・提供サービスがシンプル、複雑なオプションがない

■IIJmioの短所
・128kbps以上の速度利用には別途従量の料金が発生する
(500円で100MB)

 

IIJmio bmobile biglobe 3G
公式速度 128kbps 100kbps 14Mbps
速度制限 なし なし あり
契約期間縛り なし なし あり
2年契約必須
違約金 なし なし あり
初期費用 あり なし あり
通信の安定性 非常に安定している 不安定、回線断多し 断線はないが、
速度は安定しない
プロトコル制限 なし あり あり
VOIP可否 可能
Skype, 050Plus
不可 不可
通信量制限 なし あり あり
月額料金 945円 980円 2980円
Webアクセラレータ なし あり なし
速度制限までの通信量 制限なし 3日で300万パケット
300MB
3日で300万パケット
300MB
動画視聴 可能
※128kbpsの範囲であれば
不可 可能
※速度制限下では不可能

※1

実用性 128kbps通信だが、非常に実用性が高い 100kbpsの速度も出ないため、実用性は期待できない 1日100MB未満の通信量であれば実用性あり


※2

※1
300MBを超えると翌日から100kbps程度に制限されるため、音声や動画通信は実質不可能

※2
Windows Updateやスマートフォンアプリのダウンロードを行うと翌日から速度制限対象

自分の環境では2枚のIIJmio945円プランを利用、
1つはモバイルルータで汎用的に利用、
もう1つは、中古のiPhone4Sからキャリア制限を外して945円運用している。

hidenori

Web、モバイル関連、コンシューマゲーム、モバイルコンテンツ等、
コンテンツ全般の開発や制作、コンテンツのバックエンドになる技術等を扱っています。

開発系
.net / mono、Java, javascript, c++, c, Perl, PHP, phython,
インフラはAWSとLinux仮想化で自前構築

・経歴
⇒外資|ゲーム開発|ローカライズ|SE|QA|PD|PG|SE|大学
⇒Web|SE|ベンチャー|コンテンツ|音楽⇒外資|ケータイ|ゲーム
⇒Web|SE|ベンチャー|音楽|大学院|ケータイコンテンツ|スマートフォンコンテンツ|独自コンテンツ配信

いろいろやってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です