WordPressでKaTex記法(≒Latex記法)で入力して数式をレンダリングする 【WP Githuber MD】

WP Githuber MDでLaTex記法を使う


管理画面のオプションにあるKaTexを有効にすればLatex記法が使える

  • ブログ記事の訂正
    以前ブログに書いた記事
    WordPressの記事をMarkDownで入力できる 「WP Githuber MD」 が凄く使いやすい
    では、
    「MarkDownのLaTexやMath表記ができない」
    と書きましたが、
    プラグインの設定で「KaTex」というオプションがあって、これを有効にするとKaTex表記(LaTex・Math表記と同じ)が使えるようになります。
    覚えておくと凄く便利な機能なので、備忘録として記事にまとめます。

    • 表示例

      c = \pm\sqrt{a^2 + b^2}

設定手順

  1. WordPress管理画面を開く
  2. 「WP Githuber MD」がまだインストールしていないならば「プラグイン」メニューからインストールする
  3. 「プラグイン」メニューにマウスカーソルを移動して「WP Githuber MD」をクリックする
    (もしくは「プラグインメニュー」をクリックして「インストール済みプラグイン」から「WP Githuber MD」の「Settings」をクリックする)
  4. 「WP Githuber MD」設定画面から、画面上部にあるタブの「Modules」をクリックする
  5. 「Modules」タブを開いたら、上から5番目あたりに「Katex」というオプションがあるので右端のスイッチを有効にする。
  6. 「Modules」タブの画面の最下段に「変更を保存」のボタンがあるので、これをクリックする。

※ 公式の手順はこちらです
https://terryl.in/en/githuber-md-katex/


入力例

KaTex記法のMarkDown入力

プラグインの公式サイトで紹介されている書式は、インラインコード等で使うエスケープ記号 ` の後にkatexを記述します。

  • MarkDown入力 例1

    ```katex
    <code>c = \pm\sqrt{a^2 + b^2} </code>
    ```
    
  • レンダリング結果 例1

    c = \pm\sqrt{a^2 + b^2} 
  • MarkDown入力 例2

    ```katex
    f(x) = \int_{-\infty}^\infty\hat f(\xi)\,e^{2 \pi i \xi x}\,d\xi
    ```
    
    
  • レンダリング結果 例2

     f(x) = \int_{-\infty}^\infty\hat f(\xi)\,e^{2 \pi i \xi x}\,d\xi

LaTex記法やMath記法のMarkDownでは反映されない

※注意点:latexとmathのMarkDown表記では数式記号に変換できません

  • latex
       ```latex
       e^{i \pi} = -1
       ```
    
  • math
        ```math
        f(x) = \int_{-\infty}^\infty\hat f(\xi)\,e^{2 \pi i \xi x}\,d\xi
        ```
    

編集画面だとmathやlatexの書式でもkatex記法と同じ結果が得られるのですが、本番反映すると数式表記としてレンダリングできないようです。
(※本番反映可能かどうか、WordPressのプレビューで確認可能)

  • そもそもKaTexとは何か?
    LaTexをWebブラウザ上で実現するためのJavascript(ajax)ライブラリの名称です。
    互換性は明確には定義されていませんが、
    KaTex表記 ≒ LaTex表記
    と考えて問題ないようです。
    KaTexのコンポーネントは javascriptとcssに纏められていて、高速かつ軽量にLaTexを表示することができます。

コメント