ゲーミフィケーションとシリアスゲーム

 

ベストキッドでミヤギさんに教えてもらっているワックスがけ

 

これはゲーミフィケーションであって、かつ、シリアスゲームでもあると考えられる

最初に修行した「ワックスがけ」(上)は、ミヤギさんのルールに従って作業しているが、まだ意図を理解していないため楽しんでいるわけではない。

miyagi02

 

 

 

 

 

 

 

「床磨き」(下)は、修行としての意味を理解して楽しんでいる。

効果を理解して作業を楽しんで進めており、ゲーミフィケーションの効果があり、

かつ、作業自体がシリアスゲームだといえる。

miyagi01

 

 

 

 

 

 

 

 

トムソーヤの冒険でのペンキ塗りの手伝い

彼らが行った一連の流れはゲーミフィケーションだと考えられる

tom

 

 

 

 

 

 

 

なぜならば、一般的に作業として見られている仕事を楽しんで行うことで、

仲間にも作業を手伝わせて(巻き込みの力)、かつ、楽しませてプロジェクトを遂行している。

「冒険」というプロジェクトを成功させたトムソーヤには、

プロジェクトマネージャーの才能があったのかもしれない。

 

hidenori

Web、モバイル関連、コンシューマゲーム、モバイルコンテンツ等、
コンテンツ全般の開発や制作、コンテンツのバックエンドになる技術等を扱っています。

開発系
.net / mono、Java, javascript, c++, c, Perl, PHP, phython,
インフラはAWSとLinux仮想化で自前構築

・経歴
⇒外資|ゲーム開発|ローカライズ|SE|QA|PD|PG|SE|大学
⇒Web|SE|ベンチャー|コンテンツ|音楽⇒外資|ケータイ|ゲーム
⇒Web|SE|ベンチャー|音楽|大学院|ケータイコンテンツ|スマートフォンコンテンツ|独自コンテンツ配信

いろいろやってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です