Ruby on Rails と CakePHP比較

仕事でCakePHP を扱うことになるようで調査しているのだけど、フレームワークの方向性とか、命名規則とか、規約の考え方がRuby on Rails に似ているように思えた。

備忘録として簡単にまとめてみる。

 

■フレームワークの特徴(ざっくりと)

CakePHP: MVC, CoC, DRY
RoR: MVC, CoC, DRY

 

■RoRから CakePHPへ移行した人の意見

“cakephpとruby on railsの比較”

http://drstodo.blogspot.jp/2014/04/cakephpruby-on-rails.html

 

■CakePHPからRoRへ移行した人の意見

“cakePHPからRubyonRailsに乗り換えた三つの理由”

http://tech.itandi.co.jp/2014/04/cakephp%E3%81%8B%E3%82%89rubyonrails%E3%81%AB%E4%B9%97%E3%82%8A%E6%8F%9B%E3%81%88%E3%81%9F%E4%B8%89%E3%81%A4%E3%81%AE%E7%90%86%E7%94%B1/

 

どちらの意見も、「CakePHPはControllerが配列で返されるので特殊」という点以外は、フレームワークの比較よりもRubyとPHPの文化の差のように思える。
パッケージ管理についての指摘もあるけれど、RoRもバージョン依存とかで苦労するところが多いので、一長一短といえる。

全体的なフォローとしては、どちらも継続的インテグレーションを意識した素晴らしいフレームワークだと思う。

 

 

  

hidenori

Web、モバイル関連、コンシューマゲーム、モバイルコンテンツ等、
コンテンツ全般の開発や制作、コンテンツのバックエンドになる技術等を扱っています。

開発系
.net / mono、Java, javascript, c++, c, Perl, PHP, phython,
インフラはAWSとLinux仮想化で自前構築

・経歴
⇒外資|ゲーム開発|ローカライズ|SE|QA|PD|PG|SE|大学
⇒Web|SE|ベンチャー|コンテンツ|音楽⇒外資|ケータイ|ゲーム
⇒Web|SE|ベンチャー|音楽|大学院|ケータイコンテンツ|スマートフォンコンテンツ|独自コンテンツ配信

いろいろやってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です