Ruby on Rails と CakePHP比較

仕事でCakePHP を扱うことになるようで調査しているのだけど、フレームワークの方向性とか、命名規則とか、規約の考え方がRuby on Rails に似ているように思えた。

備忘録として簡単にまとめてみる。

 

■フレームワークの特徴(ざっくりと)

CakePHP: MVC, CoC, DRY
RoR: MVC, CoC, DRY

 

■RoRから CakePHPへ移行した人の意見

"cakephpとruby on railsの比較"

cakephpとruby on railsの比較
最近、僕がウェブ関連で使うメインの言語がRubyからPHPにかわりました。 理由は、Ruby(ruby on rails)で作ったものは、手離れ(つまり、自分が作ったもののメンテナンスや運用を自分でやらないこと)が難しいことが多いからです。 どうしても、運用の細かなノウハウ...

 

■CakePHPからRoRへ移行した人の意見

"cakePHPからRubyonRailsに乗り換えた三つの理由"

301

 

どちらの意見も、「CakePHPはControllerが配列で返されるので特殊」という点以外は、フレームワークの比較よりもRubyとPHPの文化の差のように思える。
パッケージ管理についての指摘もあるけれど、RoRもバージョン依存とかで苦労するところが多いので、一長一短といえる。

全体的なフォローとしては、どちらも継続的インテグレーションを意識した素晴らしいフレームワークだと思う。

 

 

  

コメント